空港ラウンジ

コペンハーゲン空港のPRIMECLASS ラウンジをプライオリティパスで利用

今回は「コペンハーゲン空港のプライオリティパスで入れるラウンジ」を紹介します。

コペンハーゲン空港にはターミナル2・3ともにエアサイド(セキュリティチェックを終えた後)にラウンジがあります!※ターミナル1はありません。

フライト前に十分な水分・食事をとるのは常に心がけています。このカードがあると、無料でラウンジを使えるので物価の高い空港でご飯を食べるのには本当に重宝しています。

 

カブ
カブ
プライオリティパスを無料で手に入れるためには、楽天プレミアムカードへの加入がおすすめ!興味ある方は別記事で紹介してます。興味が無い方は記事の後半で他にもプライオリティパスが手に入るカードを紹介してます!

コペンハーゲン空港のプライオリティパスが使えるラウンジまとめ

コペンハーゲン空港には、ターミナル2・3ともにプライオリティパスが使えるラウンジがあります。

●ターミナル2:アビエーターラウンジ ×2 アスパイアラウンジ
●ターミナル3:イベントゥール、プライムクラスラウンジ

どのラウンジもデンマークらしく、夜は早めに閉まります。アスパイアラウンジは午後7時、アビエーターラウンジとイベントゥールラウンジは午後8時、プライムクラスラウンジは午後10時まで営業してます。

基本はターミナル2はシェンゲン内なので、ヨーロッパへ行く方、ターミナル3はシェンゲン外なので日本に帰る方やヨーロッパ外へ行く方になります。

カブ
カブ
今回はウクライナに帰るので、シェンゲン外のターミナル3のプライムクラスラウンジを利用しました。

コペンハーゲン空港のプライムクラスラウンジの場所・行き方

コペンハーゲン空港のプライムクラスラウンジは、ターミナル2から入っても、ターミナル3から入っても、セキュリティチェック後、パスポートチェックが必要で、シェンゲン外になるので、出国の手続きが必要です。混んでると並ぶので、シェンゲン外と知っている時は早めにパスポートチェックをすると良いです。

プライムクラスラウンジへの行き方は案内が出ているので間違えること無いと思いますが、出庫審査後、左上に上がったところです。割と閑散とした場所にあります。別の時に利用したイベンチュールラウンジのほうが居心地がいいので、搭乗時間に間に合うときは、そちらの利用をおすすめします。

コペンハーゲン空港のプライムクラウンジの様子は

中に入るためには、プライオリティパスカードを見せるかエミレーツ航空を利用する必要があります。私は楽天プレミアムカードを作って、もらったプライオリティパスを見せて中に入ります。

1.雰囲気
2.コンセント 
3.シャワー/トイレ 
4.アルコール/飲み物 
5.食事 

1.雰囲気

小さいラウンジで静かです。小さすぎるので何となく職員に見られている感じがして
少し落ち着かない感じがします。あと、低い椅子でテーブルが基本ないので、何かパソコン作業をしたい時は少ししにくいです。

2.コンセント 
各席にありますし、USB用のコンセントもあって便利です

3.シャワー/トイレ 
シャワーがないのはもちろんのことトイレが外にあります。これは嫌!!しかも特に女子トイレは男子トイレより遠いので、これはかなりがっかりです。

4.アルコール 
水とオレンジジュースに限って自由に飲めますが、その他は店員さんに頼む必要があって面倒くさいです。アルコールのみならず、お茶なども店員に頼む必要があって面倒くさい…すこれ人にやってもらうほうが良いって人もいるんでしょうか?

5.食事 


悪くないですが、ちょっと品数が少ないのと味がまぁまぁです。デンマークはドイツの隣ですが、ドイツに比べるとサラダ類がすごく多いように感じます。健康志向なんでしょうね。

コペンハーゲン空港のラウンジをお得に使う方法

今回紹介したプライムクラスラウンジは、普段は有料で利用できます。
229DK(約3,900円)かかります。が、プライオリティパスがあると無料で使えるんです。

デンマーク人が好きそうな、体に良いキヌアやチーアが入った料理デンマークビールなどを無料で飲んで、快適なスペースでWifiや電源を使う事ができます。

このプライオリティパスは、以下のクレジットカードを持つとそのおまけとして無料でもらうことができます。

カード名 年会費 家族対応
楽天プレミアムカード 10,800円
セゾンプラチナカード 21,600円
JALアメックスプラチナ 33,480円

ということで、おススメは楽天プレミアムカードになります。私もこのカードを申し込んでプライオリティパスをもらいました。

プライオリティパスはそれ単体で申し込むと年間4万円以上かかりますが、楽天プレミアムカードを持つと年間1万円で手に入るので、3万円以上もお得になります。

 

実はこの時まだウクライナ行のゲートが案内されていなくて、正直シェンゲン外に出て行っちゃっていいのかな…って思ったんですが、地図を見てみたら出国審査はそこしかなかったので、そこを超える意外には無いと判断して行ってみました。

正直ゲート案内が出ていなかったので通してくれるのかドキドキしましたが、行先も聞かず日本のパスポートを見て通してくれましたラウンジで早く休みたい方はちょっとした裏技かもしれません