バルセロナといえばサグラダファミリア 最高のガウディ建設

やはり、バルセロナに行く目的はガウディ建築を見に行く人が多いと思います。

その中でも、サグラダファミリアはひときわ有名ですよね。

こちらも母と来たので2回目なのですが

今回は生誕のファザードを見に来ました。

前回は2つエレベーターがあって、よくわからないまま入口付近の受難のファザードにいったんです。(もしかすると生誕のほうは工事中でいけなかったかも…

今回はそもそもチケット予約時からどちらのエレベーターかを選ぶようになっていたので

いったことのない生誕のほうにすることにしました

 

あまりに早く着きすぎたので、教会の裏の公園にきました

なんととても良いスポット発見

DSCF2134

しかしこの公園にダウンジャケットを置き忘れる失態…

教会に入ったあとに10分後くらいに気づいて一度出たんですが…もう無かった(泣

しかし一時外出?が非常に困難で一度断られたんですけど

何とか頼み込んでOKもらいました。

こういうところは本当にヨーロッパっぽい…

さてこちら公園側(出口側?)の装飾です。細かい・・・

DSCF2136

天井はこんな感じです。

アナが空いてるところにいろいろプレートをはめるんだと思います。

前きたときは穴だらけでちょっと気持ち悪かった・・・

DSCF2137

 

クリスチャンじゃなくても、教会っていいなーって思ってしまう美しさ

DSCF2138 DSCF2139 DSCF2140

 

DSCF2157DSCF2160 DSCF2159

 

地下室です。行く事はできませんが、上から見る事はできました

DSCF2141

 

なんなのこのオレンジの光は…

なんか暖かいものを感じます(気のせいか・・・?

DSCF2147 DSCF2149

やっぱりボツボツちょっと気持ち悪い

DSCF2151

こちら入口側の受難のほうです。

なんとなくちょっと怖い感じですよね

DSCF2152 DSCF2153 DSCF2154

さて、エレベーターに乗ってみる事に。

屋上はフルーツの近くにいけたり、バルセロナの景色がみえました

DSCF2164

 

なんかフルーツ意外ですよね…

DSCF2165 DSCF2166

ふきぬけはこんな感じ

DSCF2170

エレベーターに乗るのには問題なく乗れたんですが…!

なぜか下に降りられない!

下に行けるはずのドアが閉まっているらしい!(は?!)

というわけで数人の人が、エレベーターに逆もどり

・・・でもエレベーターは基本登り専用で、歩いて下れというかかりの人

でもでもでも…ドアは閉まってるんだよー!

本当こういうときアメリカ人って主張が強いですよね。

ノォ!!!ってかなり怒って早く降ろせ!って主張してました。

っていうか、別に下りのエレベーターに載せてくれればいいのに…

そういうところ変に融通きかないんですよね。

で結局載せてくれることになりましたが…随分時間がかかりましたし、随分待ちました

ここだったか?鍵の場所・・・

DSCF2161

帰りのエレベーターを待っているところ

DSCF2176

というわけで無事戻ってこれました…

モロッコでお腹をやられていて

トイレに行きたかったので、どうしよう万が一のことになったら…と

冷や汗でした。

DSCF2177

お土産屋さんです

DSCF2179

 

正面からの写真です

DSCF2183 DSCF2186

お昼ご飯は、カサバトリョの前のタパスにいったんですけれど…

海老のアヒージョは生臭いし

全然おいしくなかったです。

DSCF2190

なんだかまたもオシャレなマック

DSCF2192

おまけ…

本当に一体どうなっているんだろう…

DSCF2117

良かったらクリックお願いします☆

blog

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です