ウクライナ

ウクライナ医学部で軽くイジメにあってグループを変えた話

ちょくちょく話に出てましたが、グループを変更するまでに至った話
書きたいと思います。

クラス制ではなくグループ制

私の通っているウクライナのボゴモレッツ医科大学では、学生はクラスではなくて14~15名以内のグループで構成されています。大学でいえば最初からゼミみたいな感じですよね。

ちなみにボゴモレッツ大学の医学部紹介はこちら

私の学年は40グループまであるので、少なくとも400人はいます(グループによっては3人しかいない場合もあるので、だいたいです…)

そして、どの学年もグループ1というのは先進国の生徒が集められて、先生も一番良い先生があてがわれるという…ちょっとした優遇措置があります

私もグループ1で、クラスメイトはドイツ人、アイルランド人、イギリス人、カナダ人、アメリカ人、イスラエル人…といった感じで先進国の生徒が集められていました

ただ、私もカナダ人もこのグループを去る事になりますが…

イスラエル人 リアとの不仲

まず私が何故か標的にされたのがイスラエル人です。リアというイスラエル人なんですが
理由なく嫌われていました

後ろにいる左から2番目の人です

挨拶もほぼ無視だし、私が何かいうと、直接じゃなくて周りに文句を言う感じ…
直接文句を言ってくれれば私もいいやすいんだけど、何だかいいにくい…
例えば、ロシア語話せる?って別の人が私に聞いて私が

あ、まぁまぁかな。1年大学に行ってたしね」

っていうと、横でリアが

えー?ロシア語だけのために大学行くとかもったいなくなーい?ねぇ~」

って誰にも話しかけてない感じで、でも私には聞こえる感じでいう。
ちなみにリアはイスラエル人ですが、母親がウクライナ人なのでロシア語は完璧!

映画ミーンガールズの真ん中の人のような感じでした


Mean Girls [DVD]

正直、今まで高校のころ、男子にキモイって言われたことはあっても、女子から露骨に嫌われてる感で対応されたのは初めてだったので…で対処方法が良く分からず…
ただ、それ以外の人達は普通に接してくれてはいたので、まぁいいかって思ってました。

グループリーダーがあまりシェアしてくれない

モニターというのが、グループ長という感じで、アメリカ人の1人がモニターでした
が、このモニターも癖があって、情報をシェアしないことがあるんです。

それによって、私はよく時間変更にあったクラスにでれなかったり、追加でつけられた宿題を知らなかったりしました。

この被害にあったのは私だけじゃないです。この写真にはうつってないけれど
この2週間後くらいにウクライナに来た男子も、情報をいまいちシェアしてもらってないときがありました。

グループの中は

国際的な人達と、アラブ人グループに別れていて(アイルランド人だけど親はパレスチナとか)私とカナダ人はどっちともつかず…という感じでした。

ある日、何故だかよくわからないんですけど、カナダ人とグループ長が喧嘩したんです。そもそも良い関係性ではなかったんですが…どうしてか忘れました。
それにしてもカナダ人43歳…アメリカ人22歳…アメリカ人女性は強いですね。
全然ひるんでませんでした…!

その次の日、カナダ人はグループを去りました。このとき私も一緒に去っていれば良かったのかもしれません。

全く勉強しないジョージア人

それから、ジョージア人の女の子 タティアが新しく入ってきました。私はジョージア好きですし、感じの良い人だし、仲良くなれそう!っと思ったんですが…とにかく勉強しない…

ヘアバンド?付けてる人です

で、すごいカンニングしてくる…まぁカンニングとは言いにくいんですが
例えば解剖学の授業のときって、先生にあてられて質問に答える必要があります
もちろんノートとか見ちゃダメなんですが、すっごいギリギリの位置にノートが配置されているので、まるで見ているように見えない感じです

けど、カンニングがうますぎてとりあえず授業は
通っている感じでした。この人がすごーくうざーくなっていったのですが、ほぼ勉強していないので教科書とか持ってこない→無断で隣に座る私の教科書を自分の机に持っていく→私も黙ってないので、それ私のだよね?何でせめて真ん中じゃなくて持ってくの?

タティア 「あぁ~!ごめんねー気づかなかった!」って言いながら私に返す

‥‥が、何度も何度もこういうことが起きる…
もちろん、その後ジョージア人との仲はあまりよくなく…つかず離れずとなります

何故かイスラエル人リアからクラブに誘われる

更によく分からないんですが、そのジョージア人が来た頃あたりにイスラエル人のリアにクラブに誘われるようになりました。

一度、まぁ歩み寄ってみよう…とういことで集まったんですが
リアはものすごいアラブ好き…うわー合わないー…!そしてリアと仲の良いソフィアも
お酒とクラブが好きで一緒にいったんですが、誘われたウクライナ人とめっちゃ絡み合ってた

しかも家に帰ったら(私の家に呼んだ…)もう何故かキャンドルのロウが散乱して大変だった…

っていうか、リア…彼氏いなかったっけ?
一緒にクラブに行ったものの、なんだかあまり楽しくなくて私は先に帰った気がします

まぁなんだか海外ドラマの中にいるみたいなんですが…このグループ、気が休まる女子がいない…と思って、そうそうに去ろうと決めました。

というわけで1学期の終わりに申請しにいって気の合う韓国人の子がいる別のグループに変更しました。もちろん、断られないように、文書に勉強に支障が出るという理由をまとめて3枚にまとめて提出しました。

グループ変更を伝えた後

グループ脱退の意思を伝えたあと、エジプト人ナーダからは、グループを移らないでほしい…と連絡がきたのですが…

そもそも、大学入学前に仲良くなったのがナーダでした。
試験を受けたのが同じ日で、綺麗だなーって見てたんです

で、試験どうだった?から話しかけて仲良くなって、ちょうどドイツ人の友達
ソフィもウクライナに来ていたので3人で遊んだりしました。

が、ナーダはもちろんイスラム教徒です。入学から2週間くらいたったある日
パレスチナ出身のアイルランド人が来ました。もちろんアラビア語を話しますし宗教も同じですし、すぐに仲良くなりますよね

それまで隣に座っていたのに、いつしかナーダはアイルランド人の子の隣に座るように…まだ一言あったらよかったんですが…というか私はあまりどこに座るとか気にしてなかったので、とにかく突然去ったのが印象的だったので、この時ナーダに何を言われても微妙だなー…という感じでした。

元いたグループの人達のその後…

ちなみに!ですがその後ジョージア人は2年生の1学期が終わったときに、勉強がきつすぎるという理由で退学しました。

そして、イスラエル人リアも2年生の2学期が終わったいま、大学を去るようです。もうどうでもいいけど、わけわからないよねー。

グループ長は結構真面目に勉強しています

ソフィア… 

とは割と普通に話します

まぁーイジメは言い過ぎだったかもしれませんが、やはり快適な環境で勉強すること
こしますね。この頃は英語でやっぱり勉強するの大変だし、この人間関係や、家の事やらで
体調を崩しまくっていました…!