ロストバゲッジ

まず、最初のトルコ航空が2時間出発遅れ。
あーあ・・・って思ってたんですがまぁ成田だと
パソコンの電源つきのデスクがあるので
そこで仕事をした。
無事に2時間遅れで出発して、2時間遅れで到着。
でも、私の乗る便は6時間乗り継ぎ時間があるのでOKっと思って
カフェにいった。
カフェではWifiも電源もあって、快適快適に仕事をした。
カフェでふと電光掲示板をみると、私の1つ前の便が8時間遅れ!!
さらにトルコ航空のページで自分の便名を入れると、8時間半遅れという表示・・。
ウーン、これは便を合算するということか・・?
って納得して待つ事にした。
私の前の便が朝4時発だったため、3時頃にGateへ向かう。
そこで、ふと嫌な予感がした。
もしかして、ここは外国だから自分の便は普通時間に出発したのではなかろうか?という疑問。
少し待っていると地上の係員がきたので、聞いてみることに。
すると・・・悪い予感は的中して、どうやら私の乗るはずだった便は
1時間遅れで出発したもよう。
げー!!
どうせ空席があるんだから乗せてよってお願いしても、ダメ!
デスクにいってといわれ、デスクに行くことにする・・。
デスクに行くと、最初はOKOK dont worry と言われたのに綺麗なおねーちゃんがでてきて
ダメだわ、航空券を買いなおして。いっかいパスポートコントロール(出国)して、出て
買ってきて。
っと。ファック!!でもかなり粘ったけどだめそうだ・・。
しかもあきらめた原因の1つに、バッグがトルコでおろされた事がある。
これを拾ってアンマンに行かないとどうしようもない。
これは急いで航空券を買いにいったろう。ここまできて日本に戻るなんてまるで意味がない。
しかも戻ろうにも便はエジプトからじゃないと出ないのだ。
パスポートコントロールに向かうと長蛇の列。やばい・・このままでは・・このとき3時20分。
「Excuse me, my flight is 4 pm,and I should buy a new ticket」とかなり
はしょって事情を説明するも、、、英語は通じない。
だけれどもよくわからないがトルコ人(多分)は、順番を譲ってくれて1番前に並ばせてくれた。
出国は約1分で終わり(日本よありがとう!日本のパスポートだから早かったのだ多分)、まずはバッグを拾いに。
トルキッシュのロストバゲッジにいって、パスポートと航空券を見せて事情を説明すると
「あなたの荷物はアンマンにいったわよ」
なにーー!?っだから言ったのに。っていうか、、、くそー!
しょうがない。
航空券を買いに行こう。トルキッシュのカウンターへ行き、聞くと
「ちょっとまちなさい。ここはGOLDだから君はあっち(エコノミー)」
と、すいているくせに客なんて誰もいないくせに(だって朝の3時半)回された。
まぁしょうがないんで、エコノミーのカウンターへ。
このねーちゃんが良い人で、何とか4時の便に乗せてくれる事に。
OK!!じゃーパスポートみせて!!っと。
はいはーいっとウェストポーチをあけると・・・・・・・・ない。
なんで?????????・・・・・・・・でも、ない。
はい、大パニックです。このとき3時半。飛行機出発までもう30分です。
どこだどこだ?と考えると、ロストバゲッジのカウンター!?
お願い、電話して!!っとねーちゃんに頼むが、あなたが探しに行きなさいという
とても冷たい扱いをうける。
それでももうくたくただし、なんとか頼むよ!っていうとしぶしぶ電話。
でも・・でない・・!やばすぎる!!!!
出ないからといってねーちゃんは何回もかけてくれるわけではなく
あっさりと
「Next!」
って。おいおいかわいそうな私を見捨てないでおくれ。
でもマジでしょうがないんで、1階のロストバゲッジトルコ航空へ走ることに。
走りました!!が、あれですよ、荷物受け取る場所って出るのは自由だけど入ったらいけないんです!
入るためにひたすら4334(確か・・)という番号に公衆電話からかける必要があります。
何回かけてもツーツーツー・・横のひとも同じようにかけてますが一向に出る気配がない。
横のinformationのひともかけてるが、どうやら全くでない様子。
やばい・・ここまで頑張ったのに逃すなんて絶対に嫌だ!
そう思った私は出口付近をうろうろ!!
なんかえらそうなおじさんが出てきた!
「Excuuuuuuuuuuuuuue meeeeeeeeee please help me!!」
を連呼して、なんと中に入れてもらえることに。
もう半分ないてたしね・・(笑)
そもそもロストバゲッジの場所に本当にあるかどうかもわからないが
そこしかやっぱり考えられないと思いつつ走る走る・・・。
カウンターにつくと、誰もいない。
けど!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あった!!!!!!!!!!!!!!!
何あれ、カウンターの奥に完全に忘れられている様子。
そうだ・・航空券と一緒に見せて、パスポートを返してくれなかったんだ・・。
そこからはとにかく走りまくって、またいろんなひとに順番を譲ってもらって搭乗の15分前に搭乗口へ。
間に合ったー(かなり泣)
一番最初にこの飛行機に乗れるか聞いたねーちゃんが私のことを覚えていたらしく
「Oh!!間に合ったね!」っと。
くそっよく考えたらこいつがそのまま乗せてくれていたら・・と思いつつも
間に合ってよかった・・とホっと。
かなりの泣き顔&汗だくで乗り込んだ私は、スッチーさんに
「Are you oK?」をかなり繰り返されました。相当ひどい顔をしていんたでしょう。
そしてこのとき助けてくれた日本人のSさん、本当にありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です