チェ・ゲバラにご挨拶

【30分でわかるシリーズ】 チェ・ゲバラ [DVD]
キューバ!といえば、ラムと葉巻と・・・そしてもちろん
チェ・ゲバラですよね。
ちなみに、チェ・ゲバラさんは、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナというながーいお名前の持ち主で、キューバの革命家です。
簡単に生涯をまとめますと、1928年にアルゼンチで裕福な家庭に誕生してます。
ブエノスアイレス大学に入り、医学を学び大学生の時に1951年、オートバイで南アメリカをまわる放浪旅行を経験。1953年、大学卒業の25日後、再び南米放浪の旅にた際にボリビアにて、それまで虐げられてきたインディオが解放され、かつてないほど自由な雰囲気が漂っているのに大きな衝撃を受ける。
1958年11月
妻と娘のイルディーダをメキシコに残し、単身キューバへ向かう。
1958年12月29日にキューバ第2の都市サンタ・クララに突入。
反乱軍を支援する多数の市民の加勢もあり、これを制圧し、首都ハバナへの道筋を開いた。
1959年1月1日、フルヘンシオ・バティスタがドミニカ共和国へ亡命し、1月8日カストロがハバナに入城、「キューバ革命」が達成された。
そんな彼の遺骨がここに。チェ・ゲバラの銅像下らへんにあります。
P1050053.jpg
入り口がどうなっているのか撮りたかったのですが、この兄ちゃんにアウト!!と言われとれませんでした。くっそう。
P1050056.jpg
つまり、この人。アルゼンチン生まれでありながら、中南米の改革にたずさわり、そして、キューバ革命を成し遂げてしまったんです。どんだけすごいねん!!
そして、それだけでは満足せず、ボリビアでも革命をしようとしますが農民からの協力が得られないなど
いろいろと困難があり、また最後には捉えられて殺されてしまいます。
ただ、キューバではありえないクラスの英雄、ヒーローなのです。
私も話聞くだけで感動しましたよ。
そんな、チェ・ゲバラの遺体が埋葬されている場所です。
「革命」という言葉に弱い私は、もちろん行くっきゃないでしょ!
日本に行く前に絶対見たほうがいいと思います。
【30分でわかるシリーズ】 チェ・ゲバラ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です