キューバで節約する方法

キューバって高いんです。
というのは、日本では想像つかないと思いますが、キューバ国民が使えるお金(ペソ)と、外国人旅行客が使えるお金(ドル)が、違うからなんです。
ちなみに、1ドル24ペソなので、1ペソは4円くらい。
1ドルは大体100円って考えて良いかと思います。
今は円高だから90円とみてもいいよね。
おんなじ、水がキューバ人は12ペソ、外国人は1ドルします。
ということは、同じものでも、倍以上物価が違います。
これは何とか節約しなくては!!
もちろん、旅行者なんだからそれぐらい払えって気持ちもわかります。
それが、先進国からの寄付と、とらえる考え方もあります。
でも、かぶこはそんなに裕福じゃないので!!(泣)
まず、
①ペソを使う方法
ヨーロッパとか、北米人の場合、そもそもあまりキューバ人と見分けがつかないので普通に使えます。
でも、日本人って明らかに旅行者!!キューバはスペインの支配があったので、スペイン人との混血の場合
結構ヨーロッパの人と見分けがつきません。
そんな日本人、どうやって節約するのかというと、中国人学生のフリをします。
中国人の留学生は、実際キューバにスペイン語を学びにきています。
そこで「ヂーノ、エストディアンテ」といいましょう。
もちろん、大きな声ではいえませんが、裏節約術です。
CADECA(カデカ:両替所)でも普通にドルからペソに両替してくれます。
これが使えると街頭のピザとかアイスクリームとか、ちょっとした食堂でご飯が食べれるので大分安いです。
また、ペソを使えるだけではなく、タクシーの値引きでも中国人学生です。というと
「あぁっそっか!」といった感じで値引きしてくれます。
やっぱり、学生に対してはそこまで厳しくないようです。
日本人で、働いているというと、すごくお金持ちにみられます。
こっちは航空券でいっぱいいっぱいなのにね!!笑
では、次回②安く宿に泊まる方法 です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です