ヨルダンの崖にそびえたつ絶景「ペトラ遺跡」

ペトラ、とはギリシア語で「崖」を意味する言葉だようです。
インディージョーンズのモデルにもなった遺跡なんですよね。

私はイスラエルから帰ってきたので、イスラエル国境から
ペトラまでタクシーで移動しました、50$から70$くらいだったと記憶してます。
運転手さんは良い人で、あ、ここが死海の標高だよーと止まってくれました。
死海に入った記事はまた別の時に!

運転手のモハメッド

中東圏の名前は「モハメッド」さんが多すぎて、え、あなたもモハメッド?
あなたも?という感じになります。
どうも尊敬の念をこねてムスリム圏の人達に多くついている名前だそうです。

そしてヨルダン…英語が全然通じません。
心配な人は翻訳機を持っていくことをおすすめします

 

いざ、ペトラ遺跡へ!

ペトラ遺跡にはバスとか電車は乗り入れてないので
入り口についたあとは、徒歩か馬車で行きます。
遺跡の入り口までは宿からタクシーで行きます。
ペトラはとても小さな街ですぐ到着できます。

私はその奥の、エト・ディルという山の上の遺跡にも行きたかったので
朝7時くらいに宿を出ました。

宿で朝ごはんを食べて出発です。

サバー ホテル (Saba’a Hotel) に滞在しました。
最新のホテル事情はアゴダホテルを使って検索していくと良いと思います。

入り口のあたりで、
乗るだけタダ 詐欺にひっかかって馬に乗ってしまいました(笑
でも、払わなかったけれど…

エルカズネという最初の見ものである
宝物庫まで30分くらいでしょうか、ひたすらシークと呼ばれる細い道
通り抜けていきます。
ここは日陰があるので結構涼しいです。

こういう場所をずーっと通っていきます

結構本当に長い道なので、靴には気をつかったほうが良いと思います。

 

途中こういう脇道??もあります

すると奥に見えてくるんですよね、終わりが…!
この絶壁にそびえたつ神殿を見たときは本当に感動しました。
そしてかぶったドラクエの景色…
ドラクエ7か何かだったかと思うんですけど…見つけたら掲載しますね

神殿の前にはらくだもたくさんにます。
もちろん客引きもたくさん…!

またお土産屋さんもたくさんあります。
私はこの砂で作られた置物を買いました。
石も買おうか迷ったんですけど、石買ってどうするんだ…と思って
買いませんでした。

この砂の入ったおきものを作るのはすごく楽しくてずっと見てました

お土産屋さん。私は朝早かったので、あまり人がいなかった…

そこから山の上、エドディルへ出発!

そこからエドディルまでさらに歩いていきます

私がデト・ディルから帰るあたりの9時とか10時くらいは混んできていたので
混むのが嫌な方は早めに出たほうが良いと思います。

宝物庫からエド・ディルまで1時間くらい、ここはあまり日陰もなく
手すりもない登山のような状態(2012年
なので、登山シューズや荷物を軽くするなど…また水分補給と
日焼け止めなどしっかり準備することをおすすめします。

 

結構しんどいです

確かいつかの年賀状に使いました(笑

途中、こんな穴があったり

本当に体力のいる登山です

私が行くと、お土産屋さんの人達は、もんのすごい速度でお水いるかー!?とか
ジュースいるかー!?と話しかけてきました。
幸いにして水分は持っていましたけど、本当に干上がりますよね。

さて、やっとエドディルまで着きました。
本当に山頂です。

すごい…!!

もう後ろにある山々で分かると思うんですけど、標高1000mくらいあるようです。
結構な登山でした。
正直電波があるか分からないんですけれど、あったらここからインスタやツイートしたいです。
もしモバイルWifiを持っていく場合はイモトさんのWifiがおすすめです。

 

あまりに着かれたので山頂で休みます。
小さなカフェがありました。

子どもはどこの国にいってもかわいいですよね。

おばあちゃんが買って買ってと、このふたをあけて催促してきました

私このジュースの置き方好きです

下山したあと(笑
もうあまりにも腹ペコだったのでエルディドネを下山したくらいに
ザ・観光レストランのようなレストランがあるんです。
普段はそういうの好きじゃないんですけれど、もう本当にお腹がすいて倒れそうだったので
いただくことに。
食べ放題でした。
2周して食べましたよ。

でも観光レストランというだけあって雰囲気は最高でした

地面でお祈りをしてる男性。ここまでムスリムな国は行った事なかったので衝撃でした。

石を売る少年…普通の石ですけど、売れるんでしょうか?

とにかく子どもたちが写真とって!や、付き合ってとか
これを買って!とかすごかった…

最後に警察官(緑の制服)だそうですが…
警察ではなくてセキュリティかな?
イケメンだったので、写真をとらせてもらいました!

休んでいた猫をパチリ。
今度世界の猫のページを作りますね。
ネコかわいいなぁ…

正直あまりに暑いので、スカーフかぶる人の気が知れません。
女性はしょうがないんですけどね…
ただイランみたく女性は強制的にスカーフかぶる…・とかじゃなくて良かったです。

 

この前日の夜に着いたんですが夜にキャンドルと歌のサービスがあるから
絶対いったほうがいいよ!と宿の人に言われて
疲れていたんですけど、見たかったので行くことにしました…

これはもう本当に行って正解です。
半端ないです。

ヨルダンは直接ヨルダンへ行くか、トルコ経由で行ったほうが安いと思います。
格安航空券の検索はエクスペディアをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です