フィレンツェを訪れたら是非!食べてほしい黒トリュフカルボナーラのお店 「ZAZA」

フィレンツェを訪れたら、必ず行くお店があります…
そして到着前から食べるのを楽しみにしています…

img_3901

イタリア…といえば、パスタ!ですよね。

私はピザより断然パスタが好きです。
多分、日本人の皆さんはパスタのほうが
バリエーション豊かですし
好みの方が多いのではないでしょうか?
パスタの本場、
イタリアで…!
カルボナーラ食べたいですよね?

シンプルな作り方ながら、ちょうど良い麵の方さと
ちょうど良い塩加減はなかなか作るのが難しかったりします…

ちなみにカルボナーラ自体はフィレンツェ発祥のものではなく
ローマ発祥のものなので、フィレンツェ生まれの人、フィオレンティーナ(という…)からみると
ちょっと邪道?かもしれませんが…

フィレンツェではトリュフ料理が有名だったりします。
街の中のお店でも、トリュフが1個ゴロンと入って売ってたりしますし
中央市場やお土産が売っていそうなお店に行くと
トリュフ塩も売っています

あ、ちなみにトリュフ塩はお手頃な値段で手に入りますし、サイズも小さめのものが売っているので
お土産におすすめですよ!
1個まんまのトリュフだと、どうやって調理しよう…と悩む方もいるかもしれませんが
トリュフ塩は、料理にサッとかけられるので使い勝手が良いんです。
たまご系の料理と相性が良いと思うので、オムレツにかけたり
サラダやアスパラにかけてもおいしいですよ!
賞味期限も長いので、喜ばれますし。

トリュフって何?
という方もいるかもしれませんがきのこの種類です。
独特の強いにおいがします。

きのこの香りがギュッと凝縮されたような…
かなり好みが分かれると思うので、好きな人はすごい好きですし
嫌いな人はすごく嫌いだと思います。
なので、ハマるとすごく好きになると思います。
勝手な予想ですが、おそらくドライの赤ワイン好きな人は
トリュフも好きだと思います。
周りを見ても、この理論は合っていると予測します。(違う…という人は連絡ください 笑

さてさて、前置きが長くなってすみませんが…
私が必ず訪れるレストランが、中央市場のすぐ横にあるZAZAです。
ザザと読みます(多分そのまま読めると思いますが…

3軒くらいつながっていて、お店の前を通ると、大体勧誘されます。
またお店の中で(確か)トリュフのオリーブオイルやトリュフ塩や、トリュフも売っていたと思います。
その説明の紙は、日本語で書かれたものもあったはずです。

2016年9月時で、12ユーロ前後だったと思います。
結構ボリュームがあるので、食事前にパンを食べすぎないようにしてください。
パンおいしいんですよ…
ワインは 予算に余裕があるなら Chianti Classico (キャンティ クラシコ)というワインをおすすめします。
赤のドライです。まず失敗しないと思います。
Vino Casa (ヴィノ カサ)は CASAは家のことなので、ハウスワインとなります。
驚くほどおいしいことはまれですが、マズイということはないと思います。

img_3901

この時は夜に食べにいったときです。この時もトリュフカルボナーラを食べました。

zaza zaza2

 

いつもの?4人で何回か飲みに行きました…おしゃれなお店なので、デートにもおすすめです。
まぁフィレンツェのお店は大体どこもオシャレですけどね…!

zaza3 zaza4

ZAZAで他の料理のおすすめは、
ラビオリの、トリュフソース
フィレンツェなので、ビステカ(ステーキ)もおすすめですが、それは
別のおすすめのお店があるので、また紹介します。

ZAZAではトリュフ料理がおすすめですよ!

イタリア語のみですが、メニューを見れます。
http://www.trattoriazaza.it/menu-cucina-toscana/

ちょっと残念??なのは、なぜかアジア人がすごく多いんですよね。
隣国の観光サイトでも人気なのか、携帯の写真を見せて注文している方もいました。
アジア人が多いのが残念なわけではないんですが、テラス席すべて隣国の方で
かつ、パスタを食べるときにズズズ…とすすったり
挨拶もせず突然相席に座ってきて大声で話す方もいたので、若干気分を害す方もいる…かもしれません。
まぁ気にしないで料理を楽しんでください。

☆まとめ
ZAZA トリュフ料理のおすすめ
サンタマリアノベラ駅とドゥオーモの間です。
中央市場からすぐです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です